管理人が投稿した記事一覧

SOGOレビュー

総合レビューブログ

投稿者:管理人

私は大人になってASD・ADHDと知りアスペルガーadhd発達障害改善マニュアルで改善した

私は大人になってASD・ADHDと知りアスペルガーadhd発達障害改善マニュアルで改善した

私は30代の男性です。

航空会社の作業員です。

 

大人になってはじめて、「私は発達障害なのではないか?」と感じたのです。

 

小学校のころ、先生の話を聞いてもノートを取れない一方で、好きなことには熱中したタイプでした。

 

ちょっと変わった子供と言われたが友達が出来ないわけでもなかったんです。

 

でも自分では「他の人が話していることがわからない」ことがよくありました。

 

 

成績表では、必ず、”落ち着きがない”とか”我慢ができない”と書かれたもんです。

 

だからといって、学校生活で大きな問題を起こすこともなく、

無事に高校、専門学校も卒業し、就職もできました。

 

 

ところが、問題は就職後に現れました。

 

 

職場でケアレスミスを頻繁に起こす。

 

また、同時並行で物事を処理できない事も分かった。

 

スケジュール管理ができないし、どう前準備していいかも分からない。

 

職場で、訳もなくウロウロ動いてしまい注意をされる。

 

なによりもまず自分の話ばかりをしてしまう。

 

 

 

職場で「問題だらけのダメな人」扱いされることで、つらくなっていきました。

 

 

 

これまでの生活では問題がなく過ごしていたのに・・・。

 

 

 

あるテレビで、私とよく似た人を見たのがきっかけで「私は発達障害なのではないか?」と思い始めたのです。

 

しかし病院へ行く勇気もない。

 

 

それで、ネットで見つけた自己診断も出来て、改善も出来るマニュアルを買いました。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

 

 

 

これはハイパーコンサルティング・ジャパン須藤裕司さんのアスペルガー改善プログラムです。

 

 

さっそく気になっていたアスペルガー自己診断チェックテストで診断してみました。

 

結果、やはり私は発達障害だったようです。

 

 

発達障害とは特定の病気を指す言葉ではなくて、

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠如・多動性障害)などの症状の総称です。

 

 

私はどうやらASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)のようです。

 

 

でも専門家でもどちらかと診断するのは難しいようですよ。

 

 

私にしてみれば病名なんてどうでもいいのです。

 

とにかくこの症状が改善できればいいのですから。

 

 

 

 

マニュアルをよく読んでみました。

 

 

一般的な病院での治療法は、対処法や対症療法しかないようです。

 

つまり薬やカウンセリングなどの対症療法であって、改善法ではないということです。

 

しかしこのマニュアルでは、有害ミネラルのキレーションも含めアスペルガーの症状を根本から改善する方法について書かれています。

 

つまり薬で改善する対症療法ではなく、発達障害の症状を根本から改善していく方法です。

 

 

病院の先生が教えてくれない改善法が書かれているという訳ですよね。

 

 

 

 

マニュアルを実践し始めました。

 

 

具体的な方法は、食事制限と脳の機能を上げていく作業をする。

ただこれだけ。

 

 

 

まず食事制限についてお話しします

 

 

さきほど、有害ミネラルのキレーションと書きました。

 

キレーションとは、解毒、体外排泄の意味です。

 

つまり、食事制限により、体内に入った有害ミネラルを体外排泄するのです。

 

 

だから、実践するにあたり、アスペルガーの症状を助長している食べ物や飲み物の制限があります。

 

これがこのマニュアルの中で一番面倒な部分と思います。

 

自分一人なら実践しやすいですが、家族と同居されている方なら家族の協力が必要になります。

 

私の場合は、母が協力してくれたので助かりました。

 

 

 

続いて脳の機能を上げていく作業についてお話します。

 

 

これは自分の困った症状の原因を知り、それらを一つずつ改善する作業です。

 

私の場合、こだわりが強い症状がありましたので、そのこだわりへの解除を行う作業を特に行いました。

 

また人とのコミュニケーションも苦手だったので、対人コミュニケーションの方法などのコーチング法も実行しました。

 

 

 

さて、効果はというと、

 

早い方では3日から1週間くらいで体調的な効果が感じられるとマニュアルには書かれています。

 

私の場合は、2週間で変化を感じました。

 

落ち着いて考えたり行動できるようになりました。

 

ウロウロ動いてしまう事がなくなりました。

 

そして人に対する緊張や、仕事に対する恐怖感みたいなものも、だいぶとれてきました。

 

 

プログラムをきちんとこなし終えた2か月後には、

 

自分の気持ちを、以前よりスムーズに穏やかに人に伝えることができるようになり、

 

人との関わりを楽しめる余裕もうまれてきたようです。

 

人の話をじっくり聞けるようにもなりました。

 

仕事でのミスも激減し、新しい業務にチャレンジ出来るようになりました。

 

 

職場で「問題だらけのダメな人」扱いされることは、もうありません。

 

 

発達障害は自分で改善することが出来るんです!

 

このマニュアルを実践して良かったです。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル

 

 

 

福辻式高血圧ストレッチのやり方で120台に数値が安定改善

福辻式高血圧ストレッチのやり方で120台に数値が安定改善

40代の女性です。

 

福辻式高血圧ストレッチを実践し始めてから1か月が経ち、

血圧が120台まで安定して下がりましたので、経過体験談をレビューします。

 

私が実践した高血圧改善法はこれです。

高血圧下げる「福辻式」

 

 

福辻式高血圧改善プログラムDVDを一通り見てから実践スタート。

 

 

 

まず1日目。血圧は170台。

 

 

難しいポーズなどは何もないので、楽しんで進めることが出来ました。

 

普段から右肩の肩コリがひどいので、肩甲骨のストレッチが少し苦しいです。

 

でも、これが効き目のある証拠かな~と思い、諦めずに続けてみました。

 

 

肩甲骨のストレッチは肩甲骨を柔らかくするためで、胸を反らして腕を伸ばします。

 

肩甲骨を柔らかくなると、呼吸が楽になり、心臓疾患にも良いらしい。

 

 

足首のストレッチも効き目ありそうに感じます。

 

首と足首は連動しているらしい。

 

首のコリがスーっと楽になるみたい。

 

 

DVDの動画を真似をして、足首、手首、首、腰のストレッチを終えてみると、

すぐに体に変化があることに気づきました。

 

立っている時に背筋がピーンと伸びている感じがします。

 

うわぁ、これって全身のコリがほぐれているって事だわ~と嬉しくなりました。

 

 

 

 

3日目。血圧は160台。

 

今日は寒い。体が縮こまってくる。

 

負けずにストレッチ!ストレッチ!

 

好きな音楽を聴きながらやると、あっという間に終わってしまいます。

 

 

今日は首のストレッチが特に気持ちいい。

 

このまま眠ってしまいたいような心地よさです。

 

 

 

6日目。血圧は150台。

 

ストレッチの動きにもだいぶ慣れてきて、

 

もうDVDを見なくても出来るようになりました。

 

 

腰のストレッチをしている時は伸びている感じで気持ちいいのですが、

終わって少し歩くと、ちょっとギクシャクします。

 

 

 

12日目。血圧は130台!!!

 

相変わらず寒い日が続いてますが、

ストレッチをすると体がポカポカするのでとても心地よいです。

 

実践を始めてから2週間で130台まで下がりました。

 

 

今まで寒い朝は特に血圧が高めになる心配がありましたが、

この福辻式ストレッチをしていれば安心でいられます。

 

医者に頼らず、薬も飲まずに、自分の体が持っている力を引き出すことで安全に血圧を下げることが出来ます。

 

ストレッチさえ行えば、自分の好きな食べ物が食べられ、食事に関してあまり神経質に考えなくてもいいんです。

 

こんなお得な方法は福辻式だけだと思います。

高血圧下げる「福辻式」

 

 

 

30日目。血圧は120台に!!!!

 

1か月で目標だった120台まで下がりました。

 

 

このストレッチは何も難しいところはなく、手軽にできる動きだけなので、

とてもやりやすかったです。

 

 

たった5分あればできるので、忙しい時でも隙間時間にチャッチャと出来てしまうのが魅力ですね。

 

高血圧を下げるには筋肉をやわらかくすることが一番有効な方法ですが、

気持ちを安定させることも大事だそうです。

 

 

体の柔らかさと気持ちのおちつきです。

 

この福辻式ストレッチでこの両方を手に入れて血圧を下げることが出来ました。

 

高血圧下げる「福辻式」

 

 

精神的な弱さを改善する方法(木多崇将)の体験談レビュー

精神的な弱さを改善する方法(木多崇将)の体験談レビュー

私が真剣に悩み始めたのは就職してからでした。

 

人一倍あがり症の私なのに、営業で接客する部署になってしまったんです。

 

しかもこの仕事をするまでは、自分がこれほどあがり症だとは、正直思っていませんでした。

 

お客さんの前だけではなく、社内で何か発表するときもダメなんです。

 

動悸がして、頭が真っ白になり、めまいが起きる時もあります。

 

もしや病気なのではと思い、病院で24時間心電図という小さな機械を胸に張ってもらい調べたのですが、心臓に異常はありませんでした。

 

精神的におかしくなっていた訳ではないので、これは心の弱さから来るものだと思いました。

 

 

自覚すればするほど自信喪失し、悪循環に陥り自分を見失っていきました。

 

先輩や上司に相談しましたが、克服するには考え方を自分で変えていくほかないという結論に至りました。

 

でも自力だけでは到底克服するのは無理なので、何かいい教材はないかと探すことにしたのです。

 

書店に行ったりネットを見たりと、色々探しました。

 

 

その結果、仕事をしながらでも実践できる「精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ」を見つけました。

精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ

 

 

探した中ではこれが一番ピンときたので、さっそくこの教材を購入しました。

 

この教材について、少しだけ体験談や効果をレビューします。

 

 

 

これは会話コンサルタント・木多崇将さんの教材です。

 

「あがり症を改善する方法」
「自信を持つ方法」
「やる気を出す方法」

 

という精神的な弱さを改善する3つの方法をまとめた269ページのテキスト教材です。

 

 

 

教材を読んだ感想は、これだけで本当に精神的に強くなれるのか?という驚きです。

 

改善法は、すごくシンプルで簡単な方法だからです。

 

シンプルがゆえに、誰でも実践できるので、再現性も高いと言えます。

 

年齢も性別も関係なく実践できると思います。

 

 

ステップ1は●●する。ステップ2は●●して、ステップ3は●●する。

 

・・・という感じで、やるべきことをわかりやすく伝えているので、実践しやすいです。

 

 

このやるべきことを毎日こなすだけです。

 

これを毎日するだけで、

 

あがり症は16週間で改善でき
180日後には、自信がある人になることができ
30日間でやる気に満ちあふれた人になることができる。

 

と教材には書いています。

 

 

 

半信半疑ながら、さっそく実践してみることにしました。

 

毎日かかさず「ある作業」「ある行為」を実行しました。

 

頭を使わなくてもできる簡単な方法です。

 

 

しばらくは、自分が強い人間に変わっていってる実感は全くありませんでした。

 

でも、10日過ぎた頃から心境に変化が起き始めたんです。

 

 

人との会話を心から楽しめるようになったんです。

 

相手の話を興味深く聞いて、それに対して自然と言葉が出るようになりました。

 

そうなると、人前で話すのも平気になってきて、あがり症もすっかり忘れてしまってました。

 

 

あとはトントン拍子です。

 

あがり症が克服できたおかげで、仕事にもやる気が湧いてきました。

 

どんどんお客さんと話したくなってきたんです。

 

 

そうなると営業数が増え、営業成績は上がり、さらにやる気も出てくる。という具合に、

 

良い方へ、良い方へと流れていきました。

 

 

それは私に自信を与えてくれるようになり、私は強い心を手に入れました。

 

 

 

こんなシンプルで簡単な方法で、精神的な弱さを改善できるなんて思ってもいませんでした。

精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ

 

 

 

この教材を購入すると、2つの特典が付いてきます。

 

 

1つめは、メール相談権

 

購入した日から半年間は回数無制限でメールで相談に乗ってくれます。

 

私は何度相談したことか・・・笑

 

こういう気持ちになった時はどうすればいい?みたいな具体的な相談をしていました。

 

その都度、的確で心のこもった回答をしてくれたので、ずいぶん勇気を与えられました。

 

 

2つめは、「恐怖を乗り越える方法」というタイトルの特別レポートです。

 

実は私、これはあまり読んでません(笑)ので、レビューは控えさせて頂きます。

 

 

万が一、効果がなかった場合の返金保証付きですので、気軽にトライできました。

 

 

 

うつ病の家族。ストレスと疲れで限界でした

うつ病の家族。ストレスと疲れで限界でした

娘がうつ病です。

 

 

以前は良かれと思い、また早く病気を治したいという思いから

 

私の方が熱心に本やネットを調べまくり、

 

回復に良さそうなことを本人に伝えて実践を勧めていました。

 

 

 

「こうした方がいい」「それは良くない」とアドバイスをしたり、

 

「がんばれ!」とか必死で応援したりしていました。

 

 

しかしそれがかえって娘を追い込んだようで、

 

娘と心が通じ合わないようになり、

 

家庭も落ち着かない場所になってしまったようでした。

 

 

 

うつの症状はますます悪化するばかりで・・・。

 

 

 

そんな時、出会ったのが増田泰司さんの「うつ病の家族への対応マニュアル」です。

 

えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」

 

 

 

「うつ病の家族への対応マニュアル」は、

 

うつ病の患者に向き合うに当たって、最低限知っておかなければならない知識や、

 

具体的な行動の方法をマニュアル形式に書かれています。

 

 

このマニュアルでは2つの対応法をまず教えてくれました。

 

1.娘が弱音を吐いたときは、 励ましたり直したりしないで「そっかぁ、そういう気持ちなんだね」と返す。

 

2.娘のの気持ちを汲み取って、「それはつらかったね」(悲しかったね、寂しかったね、など)と返す。

 

 

私は今まで、無意識に、以前の元気で明るい娘を求めてプレッシャーを与えていたようです。

 

 

苦しい病気と戦っている今のままの娘を愛し、焦らずにサポートしなければならなかったのに。

 

 

 

今まで親として、つい正論を振りかざして自分の意見を押しつけてきた面もあるので、

 

最近は娘の話しを直さないで、

 

「今どういう気持ちなんだろう、なぜそう感じるんだろう」

 

ということに気をつけて、聞くことに専念しています。

 

 

もちろん上の2つの対応法だけで解決しない場合も多いです。

 

 

そんな場合の、「こういうフレーズを使って、返事をしてください」とか、

 

「こんな動作を入れながら、話を聴いてみましょう」とかいうような、

 

具体的な対話の方法もマニュアルには書いてあります。

 

 

 

だから安心して娘とも向き合うことが出来たんです。

 

 

その結果、私の心がゆったりと落ち着くようになり、

 

娘が自分の意見をしっかり言い、

 

自分から行動するようになりました。

 

今はそれを見守っています。

 

 

 

私の心がゆったりしたのは、マニュアルの自分への勇気づけのページのおかげだと思っています。

 

 

病気の娘の事で頭が一杯で、でも私が頑張らなければと肩に力が入ってつらい毎日でした。

 

「病気の人と同じように自分も大事にして下さい。今までよく頑張って来られましたね」

 

という増田先生の言葉が心に響きました。

 

本当に嬉しかったです。

 

 

 

心理カウンセラーである増田泰司さんは、うつ病患者の気持ちだけでなく、

 

家族の気持ちをよく理解してくれています。

 

そして適切なアドバイスをしてくれています。

 

 

もし私のように、家族がうつ病で、どう対応したらよいのか悩んでいる方がおられましたら、

 

一度、このマニュアルを試してみてはいかかでしょうか?

 

 

全額返金保証がついているので、ダメ元で焦らずじっくりと実践することができます。

 

私は購入する前に、「うつ病の家族への対応マニュアル」のダイジェスト版を読んでから、購入を決めました。

 

もちろん、ダイジェスト版は無料です。

 

 

ダイジェスト版もこちらからダウンロードできます。

 

えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」